’16 総二郎B.D.   ~GIFT~
こんにちは~。
河杜 花です


本日は河杜が大好きな西門総二郎氏の
お誕生日で~~~~す
なんとか滑り込みで書き終えました

花男メンバーはなぜか年度末に向かって誕生日ラッシュ
この12月だけで総二郎B.D.→クリスマス→つくしB.D.と、もりだくさん!

なんとかこの3つは死守して書きたい!
がんばるぞ!




☆☆☆





GIFT





ふわっとした暖かい匂いがする。
その匂いに誘われるように、手を伸ばしてみると
すでにベッドから俺の愛しい女は抜け出していた。


そっとベッドを降りて、暖かい匂いのするキッチンを覗くと
エプロンをつけて料理をいているつくしがいた。
何度みても、俺はこの光景に幸せを噛みしめている。


結婚して1年。
かなうはずがないと思っていた恋愛結婚。
いい男ばかりの幼馴染たちを押しのけただけでなく、
伏魔殿と揶揄される西門の傀儡どもをなんとか手なずけて
俺の力で手に入れたこの幸せ。


実はこれは夢でした・・・なんてならねぇよな?
こんなことを言ってみると
幸せ呆けしているぞってあきらに言われるけど、
幸せすぎる時に限ってその代償が訪れるっていうじゃねぇか。


ガウンを羽織ってキッチンに向かうと、
小さくうずくまっているつくしがいた。
「つくし?・・・おい、大丈夫か?」
「総・・・。おはよ。」
「どうした、なんか具合でも悪いのか?」
「ううん・・・。一瞬立ちくらみがしただけ。
もう大丈夫だよ。
今日はお義母様と一日中一緒に京都だから、
気合い入れないと・・・。
あ、珈琲いれたよ。飲むでしょう?」
そういって、つくしは何事もなかったのように料理を続けた。
病院へ行けっていっても、
こいつは倒れるまで絶対いかない。
それどころか無理をするのがつくし。
何もなきゃいいけどな・・・。




今朝の一件があったからじゃないけど、
なんとなく胸騒ぎがしていた。
案の定、家元夫人からつくしが倒れたという連絡がはいった。
京都の大事な茶会を無事終えて休憩室に入った途端、
つくしは倒れこんでしまったという。


「総二郎さん・・・。つくしさんなんですけど・・・。
今、病院にいます。
お医者様がおっしゃるには
二・三日安静にしていないといけないそうなの。」
「どういうことでしょうか?つくしに何があったのですか?」
「・・・明日、京都までおいでになれるかしら・・・・。
本人の口からお聞きになったほうがいいと思いますのよ。」
「わかりました。明日、そちらに参ります。」




家元夫人と話終えた瞬間、俺は外に飛び出した。
今日入っていた予定なんかどうでもいい。
つくしに何かあったら・・・。
それがもし、悪い事だったら・・・。




必死に京都の病院に駆けつけた。
つくしが入院した特別室の扉を開けると、
白い布団に入っているつくしがいた。
「あれっ?ど、どうしたの?
なんでここに?!今夜は市井様との会食じゃない・・・」
目を丸くしてあたふたするつくしに近付き、
ギュと抱きしめた。
「俺、お前を失いたくない。
何があってもお前のそばにいる。
だから医師からなんて言われたって・・・。」


ポカンとしていたつくしは
神妙な顔付きで俺と向かい合った。
「あのね・・・。私、お医者様からね・・・。」
つくしが俺の手をギュッと握る。
「三ケ月・・・だって。」
たった三ケ月?!
つくしの・・・余命が?
「あのね、オメデタだって!」
オメデタ?何がめでたい・・・。
あれ?
「ん?」
「総の赤ちゃん、出来たの。」
「・・・!マジ?」


一気に身体から力が抜けた。
「よかった・・・・。俺、つくしが・・・。」
「ふふふ・・・。総、ありがとう。
心配してくれたんでしょ?それだけで十分だよ。」
愛する女に、俺の子供が宿る・・・。
それだけですげえ幸せだ。
「私も今日わかったの。
だから、すごいタイミング良く来てくれてびっくりしちゃった。」
・・・さすが家元夫人だな。
くっそ。
なんか借りが出来た気分だけど、
一番に知らせてくれたしな。
感謝しねぇと・・・。
「でね、びっくりしたのがもうひとつあるの。
あかちゃんね、予定日が総と同じ誕生日なの!」
「・・・すげぇ!」
初産だから出産ずれるかもしれないらしいけどねと、
幸せそうにお腹をさするつくしは
まるで女神のように美しい笑顔だった。



今日は俺の誕生日。
俺とつくしの赤ん坊は、きちんと予定通り産まれてきた。
愛おしい女が産んでくれた、人生最高のプレゼント。
これからはずっと、二人いっぺんの
賑やかな誕生日がやってくるんだよな。
やっぱり俺の奥さんは最強に最高の女だ。


















☆☆☆



総二郎の誕生日プレゼントはつくしとのベビーでした

物欲がなさそうな総二郎なので、
物ではなくてあえて「愛」とか「家族」とかにしてみました。
つくしちゃんと結婚したことで、家族のぬくもりを
手にいれることができた・・・ということなんです。


さて、冒頭に記載したのですが、
今月からイベントのオンパレード。
類の誕生日までどっど~んと続いちゃうんですよね。

まだクリスマスのお話、書いてない
つくしの誕生日なんて、ネタすらうかんでない

うふふふ


なんとかなるかしら???


今回の総二郎B.D.はyahoo!ブログの
GREEN TEA & HORSETAIL」でも掲載しています。

こちらのFC2とは別のお話です。
↓↓↓
$R5L0ZBE.jpg

是非、こちらもお願いいたします
ランキングに参加しました♪


↑↓もしよろしければポチしてください♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト

Comment 2

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016/12/03(Sat) 20:13

Edit | Reply | 

河杜 花

Re: タイトルなし

Gip サマ


お誕生日が家族と重なるって
すごい確率ですよね~。
親と誕生日一緒って、
知人に一人だけいました。

うん、おいらもこれから徘徊ですw

2016/12/04(Sun) 06:48

Edit | Reply | 

What's new?