FC2ブログ
第3章 林檎[19] 


つくし side





ラウンジに来る様になって一週間。
来週から本格的な試験ウィークとなる。

ローテーブルに積み重なった書籍や古びたノートを抱えて、
黙々とパソコンの前で試験勉強をしていた。
すぐそばにある4人掛け革のソファーには類が寝ていて、
美作さんもローテーブル近くにある
リクライニングソファーに座っていた。
このラウンジは本当に静かで、ミニキッチン、
シャワールーム、仮眠室まである。
好き勝手に使っていいって言われてるけど、
キッチンはともかくシャワールームとか仮眠室とかって!
何に使うつもりなのよ、こいつらは!
トイレもなぜか男女別々に設けてあるけど、
さすがに使用できないっていうか・・・。
なんかこっぱずかしいっていうか、
トイレの時だけラウンジを出たところを使っている。


ラウンジを出て、トイレに行こうとすると
前から西門さんが来るのが見えてきた。
久しぶりに見る西門さんは
相変わらず憎たらしいくらいかっこいい。
つい、嬉しくなって声かけようとすると、
すらっとした美人と一緒に歩いているのに気が付いて
慌てて廊下の角に隠れた。
そっと覗くと、西門さんとその女の人と親しいらしく、
終始笑顔で話ししている。
いつも西門さんのそばにいるタイプの派手な美女とは全く違い、
清純派で髪の毛が艶々したお嬢様・・・・。
とても綺麗な人・・・。

何を話しているか聞こえないけど、
西門さんの笑顔がチラリと見えて、
そばで女の人と楽しそうに話している姿を見た瞬間、
悶々として落ち着かなくなってしまった。

あの女の人、誰なんだろうか?
とても仲良くみえるけど、ゼミの人なのかな?
なんかいい雰囲気が出ているから、
もしかして西門さんの彼女・・・?

そう考えると、どんどん胸が苦しくなってきて、
二人の姿を見るのが辛くなってしまっていた。
西門さんが綺麗な女の人と話している光景なんて、
高校の頃から見慣れてるはずなのに・・・。
なんでこんなに落ち着かないのだろう。


西門さんとその女の人が立ち去った後も
しばらく苦しくて私は動くことが出来なかった。



ランキングに参加しました♪


↑↓もしよろしければポチしてください♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト

Comment 1

河杜 花

Re: タイトルなし


plumeria サマ



ありがとう!
見事なサプライズに感謝感激です♪

たぶんコメントもらっていても
全く気が付かなかったと思うよw
こういうところは、つくしちゃんと共通♡



それと・・・。うん、想像できる。
迫力あるものw
でも、流れのるといいこともあるよ~。
それが妙に心地よかったりするの←ドM?


まだまだ先になるけど、一応隠し玉がいる予定w
まだ1回しか仕掛けてないから
書いている本人すら忘れそうだけどw
後半戦にきっと嫌な人がでると思う♪

2017/05/23(Tue) 11:25

Edit | Reply | 

What's new?