スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
柳緑花紅 ~もうひとつの序章~
ふとした微笑みで、優しい眼差しで__隠しても隠しても溢れ出る思いがある。
その思いが溢れ出た時、思わぬ場所にも真っ赤な真っ赤な恋の花を咲かせる事がある。

柳は緑に、花は紅に咲くことが世の常のように、本当の思いの中では至極当たり前なのかも知れない。

mou-jyo.jpg
青空に緑が映える頃___男の子は、ボロボロと泣いていた女の子に恋をした。

開け放された窓からは新緑が揺れて見えていた。「ズルイ、ズルイ、ズルイ」そう言って泣きじゃくった女の子の瞳は、ウサギのように真っ赤になっていた。

涙で顔はグチャグチャ___鼻の頭も真っ赤で、どう見たっていつもの方が凛としていて綺麗だったのに___ボロボロと泣いていた女の子に恋をした。

あの日まで女の子は、男の子にとって逆らっちゃいけない絶対的なお姫様のような存在だった。
だけど、あの時___ボロボロと泣きじゃくる女の子を見てたら、彼女を守らなきゃいけない。守りたいって自然に思っていたんだ。

その気持ちは、今も続いている。いや、年々強くなる。

彼女を守るために、彼は強くなろうと誓った。
彼女から愛されるために、彼女に相応しい男になろうと誓った。

「タッちゃん……」
愛おしい彼女が彼を呼んでいる。

「……なに、花ちゃ「…もぉ、タッちゃんったら、ちゃんと並んでおいてって言ったのにぃ」

言葉を被せるようにプリプリしながら早口で花ちゃんが怒りだす。

「あっ、ごめん、ごめん」

「もぉ、本当にタッちゃんはトロイんだから」

唇を尖らせ花ちゃんが怒る。そんな花ちゃんを見ながらタッちゃんは

「うん。僕は花ちゃんがいないとダメだから__ずっと一緒にいてね」

タッちゃんがニッコリと笑って優しく口にすれば、花ちゃんは頬を薄紅色に染め上げる。

爽やかな風が吹く。
花ちゃんは、そっとタッちゃんの手を握り

「うん。タッちゃんもずっと側に居てね」

いつもの気の強さは鳴りを潜め、ハニカミながら返事する。

握られた手に力が入る。

って、今二人がどこに並んでるかって?
西門の屋敷を訪れる途中でつくしの好きな鯛焼き屋さんがあるのを思い出して__手土産の中の一つに加える事を思いついたんだ。

タッちゃんと花ちゃんは、知っているんだ。つくしの喜ぶ顔を見れば総二郎が自分のこと以上に喜ぶって。

二人は、どうしても総二郎とつくしに今から持って行く話しを受け入れて欲しいと願っている。

『鷹之宮家と河杜家のお仲人なんて__恐れ多いよ。俺等じゃなくても適任の方は沢山いらっしゃると思うよ』

先週、総二郎に言われた言葉だ。いや、先週だけじゃなくって、タッちゃんが頼んだ時から何度も言われてる言葉だ。

でも、タッちゃんは、総二郎とつくし夫妻に是非とも仲人を勤めて欲しかったのだ。 
その中には、ちょっとだけ総二郎に対してヤキモチもあるのだけれど。根っこの部分は、あんな夫婦になりたい。そんな思いが大きいのだ。それに、自分を変える切っ掛けを作ってくれた二人だから。

鷹之宮も河杜も由緒正しい財閥だ。両家の父親にその話を持ち掛けた時には、難色を示された。両家の仲人役をしたいと言う重鎮は、ごろごろいるのだ。それを年若い二人に__しかもつくしは庶民の出だから荷が重いのではないのかと。

『だからこそですよ。どこに頼んでも角が立つ。でも__皆さんが可愛がってるつくしさんに頼むのなら……父上、どうでしょうか?』

それでも渋る父親には、花ちゃんの母方の祖父である龍王寺家の翁に説得をお願いした。
翁は、総二郎とつくしが了承してくれるのなら良いじゃないかと

『まぁ、納得してくれればな』

そんな謎の言葉を残して。

ちょっと話しが横道にそれると___この翁、花ちゃんに頼まれて、総二郎とつくしの結婚の儀には二人の仲人役を勤めているのだ。
もう一つ横道にそれると__つくしが西門になんの問題もなく嫁ぐ事が出来たのは、この翁がつくしの後見人としてついたことが大きいだろう。


うん?
色々謎がいっぱいだって?

謎解きをする前に、ちょっと時を戻して
隠しても隠しても隠し切れない溢れ出る恋の話しをみてみようか。


NEXT STORY 柳緑花紅~もうひとつの終章~ 5月31日20時UP!







。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


注意

『柳緑花紅 ~もうひとつの序章~』の著者はasuhanaサマで、このお話は河杜花が頂戴しました。
無断での転載、無断配布、二次加工などの行為を禁止致します。
それに準じた行為もです。
違反を見つけた場合、あわゆる機関に通報いたします。




関連記事
スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。