FC2ブログ
お歳暮
 メリークリスマス 

みなさん、今晩は素敵なお話を届けたいと思います。

なんと!
Live and let live の管理人 るいかサマより 素敵なお話を頂戴しました

ふおぉぉぉ、総二郎愛が満ち溢れている・・・

では、どうぞ・・・・・・







お歳暮




絶賛同棲ラブラブ中のはずのマンションの一室のある日の出来事。


4K巨大インチのテレビの前で嬉しそうに音楽番組を聞いているつくしに苛立ちを抑えている俺。
先週も歌番組中に一度テレビを消してしまった挙句大ゲンカしてしまい、つい先日許してもらったばかりのため、今日こそは最後まで我慢しようと心に決めている。


つくしが嬉しそうに振り付けまで真似して聞いているのは『X代目JSB』

なんでもそのメンバーの『がんちゃん』がお気に入りらしい。


ちっ、何となく雰囲気が類っぽくねぇ?
何となくそう思ってしまった…
一度そう思い始めるとどんどんと類に見えてくる。


一応どんな奴か調べるためにスマホで検索すれば、御曹司。
最近では俳優業も順調で………
しかもK大学出身で『2017年世界で最もハンサムな顔100人』にも選ばれている………

俺と違って一応気楽な次男坊ってところも気に入らない。


つくしを見ると、なぜか目がハートになっている気がして、完全にライバル視した俺は当然イライラもMAX。

テレビのリモコンを握りしめて、終わった瞬間に消せるようにスタンバイ中。


そんな俺に気づくことのないつくしはサビの部分のダンスを完璧に踊っていた………
それにちょっと引きつつ、終わった瞬間、テレビを切ってやった。


「さっきのダンスいいよね~。
 ついついマネしちゃう♪」


なんて踊り切って得意げな顔をしたつくしが振り向いた。


「へぇ………
 つくしちゃんのお気に入りは
右端の男がだったりするわけね?」

「そうそう、がんちゃんね。
 ちょっと類に似てるよね~♪
 バイト先にね、花ちゃんいるでしょ?」

「ああ………えっと…
 河杜 花ちゃんだっけ?」

「うんうん。花ちゃんがね
 この前総が類を連れてきたときに
 二人があまりにかっこよかったからって
 写真撮らせてもらったでしょ?」

「ああ…そんなこともあったな」

「でもさ、F4の写真なんて勝手に
 みんなに見せるわけにもいかないからって
 絵を書いてくれたのよ。
 それがね………」

「それが?」

「総は総だったんだけど
 類ががんちゃんに見えるの!」

「は?」

「だからね!花ちゃんが描いた
 類の絵ががんちゃんに似てたの!」

「だから?」

「ついつい画像貰っちゃった!
ほら、じゃーーーーーん」


そう言ってスマホを見せてくれたけど………
手前に類、奥に俺で………
そんな写真も撮られた記憶もある。

確かにその絵は類とがんちゃんとやらが似ていて………


「それでね!類にも記念に送ったの。
 類は反応薄かったけどね~」


なんて言いながら嬉しそうにスマホを眺めている。


「総とがんちゃんが一緒に歩いていたら
もう女の子が集まって集まって大変かもね~。
いくら総が類と歩いていても無視されちゃうから
そんなに集まってこないし………
道明寺は怖くて近寄れないし…
美作さんの時はいつも囲まれているけど
やっぱり芸能人には敵わないだろうし………」


なんて勝手に想像しているようで………


「ねぇねぇ、聞きたいんだけどさ
 がんちゃんって総たちのパーティーで
 会ったことないよね?
 会ったら絶対に目を引くもんね?」

「確かに見たことはねぇな…
 まぁ俺は経済界じゃねぇから
 あいつらはわかんねぇけど」

「確かに総だけちょっと世界が違うもんね」


なんて勝手に納得して頷いている。


「なぁ…そんなことどうでもいいから
 そろそろ愛し合わねぇと限界だ!」


さっきまでつまらない時間を過ごさせられていた罰を与えてあげないと気が済まない。
フェロモンたっぷりの流し目を送りながら、つくしの体を抱き込んだ。


「な、な、なに?
 愛し合うって?
 限界ってなに?」


バタバタと慌てながらも危険を察したようで逃げ出そうと必死になっている。


「恋人同士が愛し合うって
 いやぁ一つしかねぇだろ。
 まずは服を脱いで、裸になって」

「ぎゃーーーーー」

「そんな色気のない声出すなって」

「色気なくて悪かったわね
 じゃあ色気ないからやめて」

「俺、別にお前に色気求めてねぇから
 心配しなくても大丈夫だぜ?
 見ろ、これもうこんなに元気だ」


ソファーに座っていてジーンズを履いているにも関わらず存在をアピールするかのような膨らみ…


それを見ただけで真っ赤に固まってしまったつくしをさっさと抱き上げて、颯爽とベッドルームへと向かう。


もちろんあっという間に総二郎ワールドに引き込まれていくことになる。
それ以来、テレビでがんちゃんを見るたびにグレードアップされた執拗な世界が繰り広げられつくしは総二郎の前でテレビを見るときには細心の注意が必要となったのだった…







きゃあ
いやん
河杜も登場しているじゃないですか~~


つくしちゃん、どんなお仕置きをされたのかしら~
妄想してしまう
執拗に・・ってあったから、きっと、たっぷりと・・・・。

ぐふふふふ・・・。
なんて素敵なお歳暮だ

るいかサマ、本当にありがとうございました



スポンサーサイト



Comment 1

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2018/12/25(Tue) 21:56

Edit | Reply | 

What's new?